DTM

【DTM記録】現時点では明らかに音作りより音選びが重要 #3

昨日買ったPigments 3を延々と触り続けて分かったんですが、どう考えても現時点では明らかに音作りより音選びが重要ですね。

シンセの使い方は最低限知ればOK

買ったソフトシンセの使い方というか、何がどういう機能でどこが何を意味していて~みたいなのは流石に必要な知識で、動画を観て「ここって触れるんだ」っていうそもそもなことに気付いたり便利なショートカットできるような機能を知ったり、動画は割とためになりました。

が、全部を知ろうとすると地獄過ぎるというか、普通に無理だし眠たくなってきたのでひとまず「求めるものに近い音が出せればよし」とすることにします。

というわけで、とりあえず自分がやってみたいジャンルっぽい音や気に入った音なんかをお気に入りに入れておきました。

とはいえ音作りは必要

基本的な音作りに関してはこの動画が分かりやすく、基本の波形や波形の変形の仕方だったりが学べます。

「YouTuberで『シンセの出す音を加工せずそのまま出してるビートメイカー』、僕見たことないんスよね~…」っておれの中のひろゆきも言ってます。音を選ぶ・探すことの方が優先度としては高いですが、だからといって音作りを放置して良い、なんてことはありません。

音作りの知識と経験はいずれ(しかもそう遠くないいずれ)必ず必要になるので、長期的な目標として頭の中に常にあるようにしておきたいですね。

もうそろ楽曲制作突入したい

SoundQuestで音楽理論の勉強をしているのですが、今メロディ、リズムの第一章が終わり、コード編も一章の半分まできました。全部の一章が終わったら一旦復習しようということで、改めて読み直しつつ楽曲制作に落とし込んでいきたく思います。

まあ1分程度のループを構築していく感じなので、作曲ってほどパワーの必要そうな雰囲気はありませんが。

では。