DTM

【DTM記録】FL Studio攻略Bookを読んで効率化を学んだ #10

ここ2日は本を見ながら実際にFL Studioを触り、今まで面倒だなと思っていた操作のショートカット方法を学んでいました。FL Studioのバンドルでついてきた本だったので「正直いらんわ~」と思っていたのですが、あって良かったです。

説明書もないし、これは本を読まないと楽な操作はマスターしきれないですわ。素直に買いましょう。

学んだこと色々

メトロノーム

左上のマークが光っているとメトロノームが作動します。

右クリックすれば鳴る音を選べます。特に変える必要性は感じませんでしたが。

プレイリスト内のトラックを移動させる

今までトラックリストはぐちゃぐちゃで、整理できることも分かっていませんでした。例で用意した画像もごちゃっとしていてかなり見辛いですね。シンセはシンセ、ドラムスはドラムスでまとめたいところ。

これを整理するには、入れ替えたいTrack1, 2, 3…となっているところを一度クリックして「Shift + マウスホイールのスクロール」でプレイリスト内のトラックを上下させることができます。

一度配置した後でも入れ替えることができるだろうとは思っていましたが、実際に動かせたときは感動しました。

念願のここまでの整理ができました。かなり視認しやすくなりましたね。

チャンネルラックも移動や名前・色付けで整理

プレイリスト側に色付けや名前付けしても紐づかないっぽい(できそうな気はする)ので、これらもそれぞれ設定していきます。

まずはリネーム。普通に右クリック→『Rename,color, icon』から変更します。

シンセはシンセ、ドラムスはドラムスとグループ分けしていきたいので、縦長長方形の枠を左クリックを推しながらスクロールします。そうしたら上画像のように、緑色に光ります。

選んだ状態でチャンネルラックの左上にある三角をクリックして『Group selected』をクリックします。

ここでは『Drums』と名付けました。ドラムスパートのチャンネルラックのみがここに表示されます。

色も設定してきます。縦長長方形の枠が選択された状態のまま、再度チャンネルラック左上の三角をクリックし、今度は『Color selected』→『Gradient』を選択します。

色は"First"と"Last"を同じ色にすると、グラデーションにならずに済むので、単色派の人はそのようにしてください。

こんな感じになりました。全て同じようにグループ分けして色も付けていくと…

完成しました。順番もプレイリストに合わせてみました。順番はプレイリストと同じで『Shift + マウスホイールのスクロール』で入れ替えられます。

ミキサーの一括設定

チャンネルラックを見て分かる通り、ミキサーの設定ができていません(左側の1,2,3,4や---が物語っています)。

これも一括で設定ができます。

まずはチャンネルラックの縦長長方形の枠を全て選択します。

ミキサーへ移動しましょう。

(スクショ撮る前に一回設定してしまったので色が付いてますが、この時点では付いてません。付いてないという前提で見てください。)

ミキサーの音量を操作する、フェーダーの左側(ここではマスター(M)の隣の①番)にあるスペースにカーソルを合わせて右クリックをすると、このような画面になります。『Channel Routing』→『Route selected channels starting from this track』を選択すると…

このようになります。こちらは色もアイコンも一緒に設定してくれるので楽ですね。

ミキサーの順番入れ替えもプレイリストやチャンネルラックと同じです。新たに音を追加したいときはそれぞれ動かして、見やすいように設定していきましょう。

おわりに

ひとまずはこの程度で満足したので読書は一旦終わります。大体30~40%くらいは読めました。後はまた作業に時間がかかってるなと感じた部分が出来たときなどに都度開いてみて確認していこうと思います。

では。