2017年上半期ベスト・アルバム15

2017-best-album-so-far

SHARE

2017年上半期ベスト・アルバム15

2017年上半期アルバムベスト15です。

今年リリースの新譜は、上半期で42枚の購入及びDL(公式)。

「今年は抑え目で」と思ってなるべく手を出さないようにしたはずだけど、なんかあんま変わんないな…。抑えるだけ無駄な気がしているので、下半期はあまり気にせず漁っていこうと思います(昨年に続き100枚ペース超えそう…)。

個人の好みや再生回数はもちろんだけど、アルバム全体の出来や時代性、必要性なども加味しているため、完全なる好みで選ぶとまた大きく変動します。

というわけで、2017年上半期アルバムベスト15です。

※iTunes、Amazon、Bandcampの3つから一番安いとこへのリンクを用意しています。

プレイリスト

15→1の順番で各アーティスト1曲ずつのプレイリストを作っています。

BGMとして使い、色んな音楽に触れてもらえれば。

 Apple Musicでのプレイリストはここから

上半期ベスト15-11

15. Alice Jemima – Alice Jemima

alice-jemima

イギリス・デヴォン出身の93年生(現在24歳)のジェマイマ。

電子音に女性Voにはとにかく弱い(去年でいうArthur Beatrice枠。)。

この世代だからこその音って感じもあり、ミーハー心がそそられる。

イギリスのベッドルーム・ミュージックらしく、The xxを彷彿とさせるような楽曲が揃っていてとても良い。

“Liquorice”や“No Diggity”などのHip Hop的アプローチを変化球的に使っていて、アルバムを締めているような。

再生回数だけなら一位。とにかくめっちゃ好みなのよ。

iTunes→Alice Jemima – Alice Jemima

14. Blanck Mass – World Eater

blanck-mass

Fuck Buttonsの片割れBenjamin John Powerによるソロ・プロジェクト。

Blanck Massの方がよりPost Rockで聴きやすい。Mogwai的な。

「今夜、あたいのこと、めちゃめちゃにしておくれよ…」っていう夜によく聴きます。

Bandcamp – Black Mass

13. Mac DeMarco – This Old Dog

mac-demarco

カナダのSSWの3rdアルバム。アルバムジャケも含めて非常に好み。

やる気が出てきてレコーディング状況も変わったのか、音質も良ければ楽曲のクオリティも高まっているような。

休みの日に寝転がって聴くと身体がスライム状になり、ベッドの中に染み込んでいき、抜け出せなくなります。

犬の散歩中にiPhoneのスピーカーでBGMにしてたんだけど、うちの犬も結構年だし、完全にThis Old Dogってわけ(は?)。

Bandcamp – Mac DeMarco

12. Colin Stetson – All This I Do For Glory

colin-stetson

Arcade FireやBon Iverなどとコラボレートしたことで知られるサックスプレイヤーColin Stetson。

ミニマルであり、野性味溢れるリズム隊もワイルドでカッコ良く、更にサックスの音の意味のわからなさ・ライブ感にヤラれる。

バス・サックスらしいっすね。

Bandcamp – Colin Stetson

11. Elbow – Little Fictions

elbow

UKには「地味ながら素晴らしいバンド」がいくつかいて、その代表格のようなバンドがElbow。

声も楽器もすべてが優しく、この優等生っぷりはかなりズルい。

「可能であれば透き通った海の中で聴きたい」アルバム第一位(次点:Keane – Under The Iron Sea)。

iTunes→Little Fictions – エルボー

上半期ベスト10-6

10. Kehlani – SweetSexySavage

kehlani

ポップアイコンでありながらアーティスト然としていて、この世代の歌姫の中では断トツで最高なのでは。

Hip HopやElectronicなど、様々なアメリカ的音楽を上手くR&Bに落とし込んでいる辺りのジャンル選定も完璧。

Popでありながら絶妙に寄り過ぎてないアルバムの立ち位置が、本当に上手いと思う(あとはもうちょいアルバムをコンパクトにしてくれたら)。

普段はこういうディーバ的なのは聴かないんだけど、聴くのをやめられない。

結局のところ、楽曲のクオリティが素晴らしいってことです。

9. Thundercat – Drunk

Thundercat

前から知ってたしベースがものすごいのも分かってたけど、個人的にはハマることになかった電撃猫。

だったんだけど、今作はかなり聴きやすく、今のトレンドとドマッチしててかなり良い。

アーバンでジャズってて、ソウルフルにR&Bしている。

その上Popであり、型にハマらない自由さがある。

iTunes→Drunk – Thundercat

8. Cloud Nothings – Life Without Sound

cloud-nothings

タイトルが素晴らしい。アルバムだけじゃなく、楽曲も。

勢いは前作の方があるけど、楽曲のクオリティは今作の方が高いと思う。

生まれる時代を間違えた「ギターロック」でありながら、この時代でないといけないように感じてしまうのは何でだろう…。

最近のトレンドがSF大作だとしたら、ギターロックはやっぱりヒューマン・ドラマなんだと思う。

どの時代にも、どのジャンルでも切り離すことのできないもの。

 Bandcamp – Cloud Nothings

7. Father John Misty – Pure Comedy

father-john-misty

長尺なアルバムはあまり好きではないけど、父・ジョン・ミスティの父性溢れる渋い声と、ピアノとコーラスの掛け合いが素晴らしい楽曲“Pure Comedy”の時点で完全に連れて行かれました(CDの向こう側に)。

ミュージカル感あります(統一感があると言っています)。

Bandcamp – Father John Misty

6. Loyle Carner – Yesterday’s Gone

loyle-carner

Loyleの登場で、UK Hip Hopシーンへの注目度が上がった。

多分個人的にではなく、同じように思った人は多いんじゃないかと。

決して派手ではないけど、どの世代にも聴きやすい音、淡々としたラップが良い。

“Stars & Shards”や“No CD”など、初期衝動めいた若々しいのもあるし、このごった煮感がUK。

iTunes→Yesterday’s Gone – ロイル カーナー

上半期ベスト5−1

5. The Baker Brothers – High Rez

the-baker-brothers

正直「もう安定に入ってるだろうし、今後買うとしても惰性かな…」とかって思ってたんですけど、今作めっちゃ新鮮なんですけど…!!

今作のBakerはラップありドラムンベースありで、かなり変化を求めたように聴こえる。

前作は前作でBakerらしい名盤だったけど、今作は傑作の部類。過去10年でも最高の出来栄え。エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい。

iTunes→High Rez – The Baker Brothers

4. Sampha – Process

sampha

SBTRKTのアルバム参加で2011年からその存在は知っていたけど、まさかここまで大きくなるとは思ってもなかった。

無機質なビートに湿り気ある生っぽい声が奇妙絶妙で、かつ、最近のトレンドとはまた違ったベクトルからのアプローチが感じられ。

USでは絶対に生まれないであろうタイプのUK R&Bの名盤。

iTunes→Process – サンファ

3. Run the Jewels – RTJ3

run-the-jewels

2016年末にリリースされたRun the Jewelsの3rd(タイトル通り)。

Tyler, the Creatorが好きだったりDanny Brownが好きだったり、どうやら僕は変なHip Hopが好きみたいです。

その中でもRTJはハード寄りで、スマートかつクライムな男臭さがあって良い。

Run the Jewels公式サイトでフリーDL

2. Laura Marling – Semper Femina

laura-marling

全然知らなかったんスけど、彼女めっちゃ良いんスよ。

今年はUSもUKも女性SSWの活躍が目覚ましく、僕は中でもLaura Marlingにドハマリしちゃって、それ以外の女性SSWは「Lauraよりはハマらないだろう」と聴くのを放棄したくらい。

メディアや個人の上半期ベストの中にも沢山の女性SSWがいるけど、個人的にはこれ以上はない。

そして、そんな彼女相手でも、下半期に新譜をリリースするLucy Roseが圧勝してしまうのだ…(完全なる好みであり先行シングルも素晴らしく、何より9月のライブに行くのだ。待っててLucy…。 – 28歳 ストーカー)。

Lucy Rose – Something’s Changing簡易感想とまとめ

Bandcamp – Laura Marling

1. Gorillaz – Humanz

gorillaz

全20曲、うち6曲がインタールードなので実質14曲50分。

最初は「Gorillaz新作、確かに良いけど過去作や最近のHip Hopの方が良いのでは?」とか思ってたんだけど、完全に間違っておりました。

確かにデーモンのボーカル参加は少ないけど、楽曲の構成や鳴っている音(個人的にデーモンのベースラインはかなり好み)など、ここにあるのは他の何者でもなくGorillazの音楽。

Plastic Beachのワイワイな世界観も好きだけど、Humanzは最近のデーモンの感じも含めてメランコリーが気持ち良い。

エレベーターが上に上がってからのアンドロメダ到着→Busted and Blueで撃沈(素晴ら死)(9〜11曲目の流れ)。

消化吸収が上手く、時代の流れからも外れない。デーモンさんは本当に素晴らしいアーティストです。

Gorillaz – Humanz(2017)簡易感想とまとめ

まとめ

  1. Gorillaz – Humanz
  2. Laura Marling – Semper Femina
  3. Run the Jewels – RTJ3
  4. Sampha – Process
  5. The Baker Brothers – High Rez
  6. Loyle Carner – Yesterday’s Gone
  7. Father John Misty – Pure Comedy
  8. Cloud Nothings – Life Without Sound
  9. Thundercat – Drunk
  10. Kehlani – SweetSexySavage
  11. Elbow – Little Fictions
  12. Colin Stetson – All This I Do For Glory
  13. Mac DeMarco – This Old Dog
  14. Blanck Mass – World Eater
  15. Alice Jemima – Alice Jemima

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です